2005年02月26日

遅いレーンは苦手です

いつものボウリング場へ。4ゲームで139アベ。

夜なので、オイルが薄く、曲がりすぎ。

高い位置に構えて、助走をいつもと同じ位置にして、まっすぐ歩いて斜行したら、
ようやくポケット。でも、もっと奥までまっすぐ行くボールがいるかも。
posted by 一茶 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年02月11日

ゆっくり投げる

今週もボウリングに行ってきました。5ゲームして、アベレージは152.6。

5ゲーム目は、187でした。

前にも思った気づき。大切なのは、ゆっくり投げることです。ボールスピードを上げようと変に力を入れると、コントロールも悪くなるし、リリースがうまくできません。

スピードがあってもポケットヒットしなければストライクにならない。これを肝に銘じて投げるといいようです。

後もうひとつは、手遅れのタイミングを実現するためには、最後のステップを早めに出すことを心がけるほうがうまくいくということです。

このところ、結構いい感じで投げれています。
posted by 一茶 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年02月04日

久々の200アップ。新しいめがねのおかげか?

今週こそはと、ボウリングに行ってきました。3ゲームしてアベレージは159です。

1ゲーム目は、218。久々の200UPでした。実は、9フレームまでオープンフレームはなしだったので、ベストスコア更新かと思っていたのですが、残念ながら10フレ目の1投目で1本残ってしまい、2投目をわずかに外してしまいました。残念です。やっぱり緊張するとだめですね。

実は、今日は先日買った少し度がきついメガネを使いました。やっぱり、はっきり見えるのでこれがよかったのかも。
posted by 一茶 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ボウリングのドラマ

大昔、ボウリングブームと言うのがあったらしい。中山律子さんらが大活躍した時代で、ボールも今と違って性能が悪く、本当に技術力で勝負していた時代のようです。

その頃は、ボウリング雑誌もたくさんあり、「美しきチャレンジャー」というボウリングのテレビドラマまであったそうです。

で、先日無料キャンペーンにひかれてツタヤディスカスという郵送でレンタルDVDができるところに入会したんですが、前から見たかったこの「美しきチャレンジャー」を借りたんです。


いやぁ、ボウリングマガジンでいつも4コママンガになっている矢島プロが若い!中山律子プロも多分20代で若い!

それに、ドラマが平和です。古きよき高度成長の日本と言う感じでしょうかね。

笑えるのは、主人公のライバルが、妙にビッグ4(一投目で4,6,7,10番のピンが残ること)をスペアすることに執着していること。

そんなものにこだわるより、ストライクを取れよ!って言いたくなります。

あと、主人公の憧れの男子プロですが、投げるときに手の向きが「おまえ素人だろ!」ってわかるような投げ方です。ま、好きな人以外はそんなところ見ないでしょうけど。

でも、一番おもしろかったのは、ストーリーでもなんでもなく、いろんなプロの投げっぷりです。勉強になりました。

ちなみに、プロはボウリングはうまいですが、演技は下手でした。ははは。
posted by 一茶 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。